【・北陸からの旅だより・】
0
     1月14日(土)、金沢の雨は夜更け過ぎに雪へと変わり、今朝は銀世界だった。
     亡くなったおばあは、私が幼い頃からよく、
     『あなたの守り神は、石川県の白山比廖覆劼瓠某声劼離クリヒメの神だよ。』と、
    よく話してくれた。
     『へーぇ、そうなんだ。』と、特に気に留める事もなく、あれから数十年の時が流れた。
    何故か今、その言葉が無性に思い出され、誕生日の前日ひとり旅に。

    午前6時30分宿泊先のホテルを出発、神社に着いた頃にはグレーの空から雪が深々と降り始めていた。だが参拝を終えた時空から光が射し、青い空を覗かせた。
    ただ単に「山の天候は変わりやすい」だけだったのかも知れないが、嬉しかった。

    その後雪化粧の兼六園と金沢城を散策。
    緑一色の兼六園もいいが、雪の白と木々の緑、そして空の青の織りなすなんとも言えない美しさに、感謝の気持ちで一杯になった。

     昔から歴史に触れる事が好きだった。
    その地に残る石垣や木々や大地などには、多くの人の温もりや、喜びそして多くの悲しみが染みついていて、それを数十年、数百年、数千年後の今、触れていられるのはとても貴重で奇跡的な事に思える。
    そんな歴史の街・金沢は、自然に自分の中に溶け込んだ。

    今日は私の生まれた記念日。
    自分への“ひとり旅プレゼント”は、最高の日となった!!

     【白山比弯声辧
      

    【兼六園】
      

    【金沢城】
      




    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Trackbacks
    Archives
    Recommend
    Link